3DCGソフト「Blender」の導入とモデル作成の解説サイト!

Blender導入手順

マテリアル

マテリアルとはオブジェクトの表面の質感のことを指します。通常自然界ではつるつるであったりザラザラであったり、物によってその表面の質感が違いますし、ひとつの物体であっても場所によっては質感が違ったりします。

CGでは触った質感を体感することはできないので、見た目の表現力だけでこの質感を表現します。見た目だけとはいえ、通常つるつるであれば光沢が強いですし、ザラザラであれば光が乱反射している感じになります。そうした見た目をパラメータをかまって表現するのがマテリアルでの作業になります。
また、ここで色を決定ます。後述するカラーテクスチャを使う場合、ここで指定した色は表示されませんが、3Dビューでソリッド表示したときはマテリアルで設定した色が反映されますので、できれば貼り付けるテクスチャの色に近い色に設定するといいと思います。


マテリアル設定で目指すもの

今回のモデルで目指すマテリアルは凝ったものではありませんが、図のように一つのオブジェクトに複数のマテリアルを設定するということをやってみます!

マテリアル設定手順

オブジェクトを選択してプロパティパネルで設定します

プロパティパネルのマテリアルパネルを選択します。そして「新規」をクリックして新しいマテリアルを作ります。

「ctrl + s」で上書き保存します。

マテリアルに名前を付けます。ここでは「base」としておきます。ディフューズが表面カラーですので好きな色にします。

「ctrl + s」で上書き保存します。

頭にも同じマテリアルを設定しますので、頭を右クリックで選択して、図のように指定します。
指定するとマテリアルで設定した色に、表面の色が変わるはずです。

「ctrl + s」で上書き保存します。

頭の目にマテリアルを設定します。
Blenderは一つのオブジェクトに複数のマテリアルを設定できます。それを利用して目の瞳孔を黒くします。
まず頭オブジェクトを選択して「tab」でエディットモードに入ります。目の瞳孔部分のvertexを選択します。複数のvertexを選択することになるのでshiftを押しながら選択することになります。
vertexが選択できたら図の順番に操作していきます。

「ctrl + s」で上書き保存します。

白目部分も同じ要領で作ってやります。

「ctrl + s」で上書き保存します。

マテリアルの作業はこれで完了です。スペキュラーとかまったくかまっていませんが、これは割愛させていただきます。

「ctrl + s」で上書き保存します。

モデリングページへ戻る < マテリアル > ライティングページへ進む

ページの先頭に戻る