3DCGソフト「Blender」の導入とモデル作成の解説サイト!

Blender導入手順

モデリング

凝ったことはまだできませんが、簡単なオブジェクトを作ってみましょう!
まず3DCGの制作過程において物(オブジェクト)がなければ何もなりません。オブジェクトはライトや実態のないEmptyも含みますが、このモデリングにおいては、実態のある「物」をオブジェクトと言います。例えば、球体であったり、円柱であったり、一枚の板であったり、これらすべてをオブジェクトと言います。
そしてこれらを構成するものは「vertex」という点と、その点を結ぶ「edge」、そして「face」という面で構成されています。
基本的に最も多く作業するのはvertex(点)です。faceやedgeも操作しますが、そんなに頻繁ではないと思います。そしてvertexを移動したり増やしたり減らしたして、形を変形させていきます。基本的にモデリング作業というのはこの操作の繰り返しで、実際の動作に例えると、粘土でものを作っていく。という感じの作業が似ています。
それではBlenderを起動してください!


モデリングの完成形

今回のモデリングではこのような感じのものを目指します。何一つ難しいものはありませんので、ゆっくりとやってみましょう!

作業開始

モデリング作業

Blenderを起動した直後に配置されている四角形を「x」で削除します。
その後、右図のようにオブジェクトの追加「shift + a」で「メッシュ」>「モンキー」を追加します。

「ctrl + s」で上書き保存します。

続けて四角形を「shift + a」で追加して、テンキーの「1」で正面ビューに切り替えておきます。

「ctrl + s」で上書き保存します。

追加した四角形を右クリックで選択して、「g」で移動しますが、z軸のみ移動に固定するために「z」キーを続けて押します。これにより移動がz軸に対してのみに固定されます。

「ctrl + s」で上書き保存します。

「tab」キーを押して「エディットモード」移動します。セレクトモードが「vertex」になっていることを確認して、3Dビューの左にあるメッシュツールの「追加」>「細分化」をクリックしてvertexを追加します。

「ctrl + s」で上書き保存します。

テンキーで「3」を押して横ビューに切り替え胴体部分の奥行きを整えます。「a」で全vertexを選択状態にして、「s」縮小しますがこの時に「y」も押してやるとy軸のみの縮小になるので便利です。

「ctrl + s」で上書き保存します。

首を作ります。「マウス中ボタン」を押したままドラッグして見やすい視点にします。この時、首になる部分の一つのvertexを選択してから「.(ピリオド)」を押すと選択したvertexが視点の中心になるので中ボタン+ドラックでの視点移動がやり易くなります。
そして図のように真ん中の部分のvertexを選択して「x」で削除します。

「ctrl + s」で上書き保存します。

図のように選択します。「alt + 選択したい直線のedge上を右クリック」すると一発でこのように選択できます。
面倒でもvertexを一つずつ選択していくという手もあります。
また、追加選択していくときはshiftキーを押しながら選択すると追加選択になります。

「ctrl + s」で上書き保存します。

「e」「s」と続けて押し、引っ張り出して、引っ張り出したvertex群を縮小します。

「ctrl + s」で上書き保存します。

今度は上へ引っ張り出します。「e」「z」と続けて押し、z軸のみ移動します。

「ctrl + s」で上書き保存します。

セレクトモードを「face」にして図の矢印の■を右クリックで選択します。2つ選択するので一つ選択した後Shiftを押しながら選択してください。
そして「x」で削除。削除は「面」を指定してください。

「ctrl + s」で上書き保存します。

選択モードを「vertex」に戻してみると図のようになります。

「ctrl + s」で上書き保存します。

腕を作ります。「e」「x」で引っ張り出し、x軸に移動します。

「ctrl + s」で上書き保存します。

腕の先端はvertexを結合して面を閉じてやります。
一番端の一列のvertexが選択状態にあるのを確認して、「s」「0(ゼロ)」を押してやります。
そして「alt + m」で「中心に」を指定して結合してやります。

「ctrl + s」で上書き保存します。

胴体は左右対称なので左半分作って、残りの右半分は「Mirrorモディファイア」を使おうと思います。
そのためにはまず半分の削除をしてやる必要があります。
図のように右半分のvertexを選択して削除しますが、注意が必要なのは、センターに来るvertexは絶対に削除しないことです。これを削除してしまうとMirrorしたもう半分との接するvertexがなくなり面がとじれなくなってしまうからです。

「ctrl + s」で上書き保存します。

プロパティパネルのオブジェクトモディファイアを選択し、図のように追加をクリックしてください。
その中に「ミラー」があるので選択してください。

「ctrl + s」で上書き保存します。

足を作ります。図のようにまず選択モードを「edge」にします。矢印のついているedgeを選択し、「x」で削除。削除モードは「辺」です。

「ctrl + s」で上書き保存します。

腕の作成と同じ要領で、「e」で引っ張り出しそれを伸ばすというやり方で作ります。そして手と同じように一番端はalt+mで結合してやります。
足を少し開くような形で隙間を開けてやります。ミラーしているので、くっついてしまう可能性があるからです。「r(回転)」や「g(移動)」で微調整してやります。

「ctrl + s」で上書き保存します。

腕のほうも微調整してやります。
複数のvertexを一度に選択する方法があります。「b」を押したらカーソルが十字に変わりますが、その状態で複数のvertexを四角形に収めます。そうすると四角形に重なるvertexが選択できます。その他、「c」も複数のvertexを選択するためのショートカットキーです。cは丸いカーソルになり、選択したいvertexをクリックすると選択できます。

「ctrl + s」で上書き保存します。

仕上げに入ります。動画い部分と顔部分に細分化モディファイアを設定します。細分化レベルは2程度にとどめます。

「ctrl + s」で上書き保存します。

これでモデリングが完了です。
「z」キーを押して表示モードを「ソリッド」に変えてみてください。出来栄えが見えますね!

「ctrl + s」で上書き保存します。

うざいくらい保存を繰り返していますが、ふとした瞬間にBlnderが落ちたりするの、ことあるごとに保存する癖をつけましょう!

作ってみよう(基本)ページへ戻る < モデリング > マテリアルページへ進む

ページの先頭に戻る